ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

栃木県 宇都宮市 の 中小企業 個人事業主 が活用できる 給付金・助成金を紹介

トップ > 栃木県 宇都宮市 の 中小企業 個人事業主 が活用できる 給付金・助成金 > 新業態開拓等支援補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年6月9日 )
利用 できる 支援
助成金 宇都宮市  

新業態開拓等支援補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
宇都宮市内の中小企業・個人事業主で、売上が20%以上減少した事業者に向けてコロナ対策にかかる経費の50%を助成します。

助成上限額:50万円

 新業態開拓等支援補助金の概要

支給内容
新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動に影響のあった事業者に対して、当面の売上の維持や減少幅の縮小、3つの「密」の回避などに向けた新たな取組に係る費用の50%を助成。
エリア 管轄
栃木県宇都宮市 宇都宮市
対象
以下のすべての条件に当てはまること

[1]
法人の場合は、宇都宮市内に登記上の本社・本店などの主たる事業所を置いていること。
 個人事業主の場合は、主に宇都宮市内で事業を行っていること。

[2]
資本金10億円未満であること。

[3]
申請日時点で宇都宮市内で事業を行っており、今後も宇都宮市内で事業継続する予定であること。

[4]
他の機関から、同一の事業内容で助成を受けていないこと。

(注意)創業後1年未満の事業者は、2019年中に創業している方が対象になります。その場合の「売上の減少率」は「前年の総売上の月平均額」と「2020年中で売上が減少した月額」との比較です。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

対象事業
新型コロナで売上が減少したことに伴い、売上の維持や減少幅の縮小、「3密」回避のために2020年1月以降に新たに取り組む事業

なお、以下は対象外
・2019年12月以前からすでに実施している事業
・単に規模を拡大する事業
公序良俗に反する事業
宗教活動・政治活動に関する事業
受付期間

2020年5月8日〜2020年12月28日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。取り組みが分かる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する
  •  
  • STEP 4

    必要に応じて概算払いを請求
  •  
  • STEP 5

    報告書県交付申請書の準備

STEP 1事前準備。取り組みが分かる資料を用意

自前での用意が必要な書類を準備
  •  企業・事業の概要がわかる書類 必須

    【法人】
    登記事項証明書の写しまたはパンフレット等

    【個人】
    開業届の写しまたはパンフレット等

  •  【個人のみ】 本人確認書類 必須

    以下のいずれか
    ・運転免許証の写し
    ・健康保険証の写し
    ・住民票の写し

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  交付申請書 必須
  •  売上高計算書 必須
  •  事業計画書 必須
  •  概算払い請求書 任意
  •  概算払い請求経費一覧 任意
  •  補助対象経費一覧 必須
  •  実績報告兼交付申請書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

320-0806
宇都宮市中央1丁目1番13号
中央生涯学習センター5階
新型コロナウイルス感染症緊急経済対策実行委員会

STEP 4必要に応じて概算払いを請求

概算払い請求書を準備
コロナ対策事業実施中に受け取りたい場合は概算払い請求書と請求費一覧を準備

STEP 5報告書県交付申請書の準備

コロナ対策事業が終了後
コロナ対策事業が終了したら実績報告書と助成対象経費一覧を準備する

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 栃木県 宇都宮市 の 中小企業 個人事業主 が活用できる 給付金・助成金 > 新業態開拓等支援補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)