ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

東京都 の 事業者 が活用できる助成金(補助金)を紹介

トップ > 東京都 の 事業者 が活用できる助成金(補助金) > 新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月14日 )
利用 できる 支援
助成金 東京都  

新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
都内中小企業の感染症対策関連商品の製造に必要となる最新機械設備を、新たに購入するための経費の一部を助成する助成金。
上限1億円 を補助。

 新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業の概要

支給内容
助成限度額:1億円(助成下限額:100万円)
助成率:4/5以内
エリア 管轄
東京都 東京都中小企業振興公社
対象
次の要件を満たす事業者の方

[1]
新型コロナウイルスをはじめとする感染症対策関連商品の製造等に必要となる最新設備を新たに購入する、都内中小企業者、中小企業団体

[2]
2020年4月1日現在で東京都内に登記簿上の本店または支店があり、都内で2年以上事業を継続している中小企業者、中小企業団体

※購入機械装置を都外に設置する場合は、東京都内に本店があること

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる経費
助成対象期間内に発生した機械設備の新たな購入、搬入・据付等に要する経費(1基100万円以上[税抜])

※助成対象設備の購入契約は、基準日以降であれば契約済みでも申請可能です。
ただし、導入(納品)は、助成金の交付決定後に行う必要があります。
受付期間

2020年4月23日〜2021年2月10日

※予算終了の場合は、受付期間中であっても終了します。
※電子申請での受付完了後、申請書類の提出日をご案内(原則メール)します。5営業日を超えて連絡がない場合は、03-3251-7884 感染症緊急対策設備投資担当事務局までお問い合わせください。

備考

書類郵送時、「納税証明書」、「履歴事項全部証明書」は原本を、それ以外の書類は電子媒体でご提出してください。(CD-RやDVD等。USBは不可)
詳細は、「申請に必要な書類一覧」を必ずご確認ください。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。「入力フォーム」にて事前申請
  •  
  • STEP 2

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 3

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 4

    支給申請。電子申請での受付完了後、案内メールに従い、STEP2と3 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。「入力フォーム」にて事前申請

申請の受付(事前エントリー)
申請の受付から申請ください

STEP 2事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  確定申告書 必須

    税務署へ提出した直近3期分のすべてのページの写し

  •  機械設備設置場所関連書類 必須
  •  積算根拠書類 必須
  •  会社関連書類 必須
  •  納税証明書 必須

    直近2期分

  •  履歴事項全部証明書 必須

STEP 3申請書類の準備

申請書類
  •  申請前確認書 必須
  •  申請書(前半:事業計画) 必須
  •  申請書(後半:資金計画) 必須
  •  見積限定理由書 任意
  •  申請に必要な書類一覧 必須

STEP 4支給申請。電子申請での受付完了後、案内メールに従い、STEP2と3 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

※電子申請による受付が完了後、必要書類を提出してください。
※簡易書留など記録の残る方法で郵送してください。

〒101-0025 
東京都千代田区神田佐久間町1-9 東京都産業労働局 秋葉原庁舎
企画管理部 設備支援課

 窓口

※電子申請による受付が完了後、必要書類を提出してください。
※事前エントリー時に「持参」を選択してください。

(公財)東京都中小企業振興公社 企画管理部 設備支援課
東京都千代田区神田佐久間町1-9 東京都産業労働局秋葉原庁舎4階

 オンライン(電子)申請の窓口

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 東京都 の 事業者 が活用できる助成金(補助金) > 新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業の利用の仕方(新型コロナ対応)