ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

神奈川県 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 神奈川県 の 事業者 が活用できる補助金 > 【受付終了】神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
助成金 神奈川県  

【受付終了】神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金

申請の難しさ
☆☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の拡大により事業に影響を受けている神奈川県の中小企業者に対し、非対面型ビジネスモデル構築、感染症拡大防止、ITサービス導入、生産設備等導入またはビジネスモデル転換に要する経費の一部を補助。
助成上限額は100〜5000万円
申請方法は原則郵送。

 神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金の概要

支給内容
【補助率】
補助対象経費の3/4以内

[1]
非対面型ビジネスモデル構築事業・感染症拡大防止事業
:補助上限額 100万円

[2]
ITサービス導入事業
:補助上限額 100万円

[3]
生産設備等導入事業
:補助上限額 200万円

[4]
ビジネスモデル転換事業
:補助上限額 5,000万円
※補助対象経費500万円以上の投資が必要
エリア 管轄
神奈川県 神奈川県
対象
神奈川県内の事業所で補助事業を実施する中小企業者であること

※系統出荷による収入のみである個人農業者(個人の林業・水産業者も含む)は対象となりません。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助対象の事業
補助対象となる事業は、次に掲げる事業とします。

[1] 非対面型ビジネスモデル構築事業・感染症拡大防止事業
・非対面に直接的・間接的に寄与する商品・サービスの開発又は提供とそれに係る広報を実施する事業
・感染症拡大を防止する消耗品等を購入する事業

[2] ITサービス導入事業
・業務効率の向上に資するITサービスを導入する事業

[3] 生産設備等導入事業
・既存設備の効率化や生産能力の向上に資する機械設備(その設備を稼働させる上で必要不可欠な設備を含む)を導入する事業

[4] ビジネスモデル転換事業
・新たな商品の開発又は生産、新サービスの開発又は提供、商品の新たな生産又は販売方式を導入する事業
受付期間

2020年5月22日〜2020年6月15日

「緊急支援型」と「再起支援型」で補助事業を実施した期間などが分かれます。

緊急支援型
:2020年4月7日から2020年5月31日までの期間で補助事業実施
(申請受付期間2020年5月22日(金)~6月15日(月))

再起支援型
:2020年4月7日から2021年1月15日までの期間で補助事業実施
(申請受付期間2020年5月22日(金)~6月30日(火))

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  営業許可証等 必須

    行政上の許可等の必要な業種を行っている場合のみ。
    見込みの場合は不要。

  •  直近の確定申告書(個人事業主の場合) 必須
  •  決算期を迎えていない場合は開業届【写し】(個人事業主の場合) 必須
  •  貸借対照表及び損益計算書(直近1期分)【写し】(法人の場合) 必須

    創業後最初の決算期を迎えていない場合は不要

  •  現在事項証明書又は履歴事業全部証明書【原本】(法人の場合) 必須

    申請書の提出日から3か月以内の日付のもの

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  補助金交付申請書 必須
  •  役員等氏名一覧表 必須
  •  補助事業計画書(非対面型・感染症拡大防止・ITサービス・生産設備) 必須
  •  補助事業計画書〔ビジネスモデル転換〕 必須
  •  収支計算書(非対面型・感染症拡大防止・ITサービス・生産設備) 必須
  •  収支計算書(ビジネスモデル転換) 必須
  •  チェックリスト 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒231-0015 
神奈川中小企業センター内郵便局留
神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金班

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 公募要領で記載の申請書類や添付書類はすべて提出する必要がありますか?
    "公募要領に記載の添付資料の不足や書類の押印モレ等の書類の不備などがある場合には、不採択になりますのでご注意ください。 ただし、CD-Rについては、原則として提出していただきますが、PC等が無いなどの理由により、CD-R作成が厳しい場合に限り、提出不要とします。 なお、感染症対策に有効と思われる機械設備を導入する場合には、必ずメーカーのカタログなどにより効果が説明できる資料を添付してください。添付がない場合、不採択になる場合があります。"
  • 今回の補助金は申請すれば必ず採択されますか?
    審査がありますので必ず採択されるわけではありません。
  • 「緊急支援型」と「再起支援型」の違いはなんですか?
    "対象事業の終期が違います。 「緊急支援型」は2020年5月31日、「再起支援型」は2021年1月15日までです。 また、補助対象となる事業は(1)非対面型ビジネスモデル構築事業・感染症拡大防止事業、(2)ITサービス導入事業、(3)生産設備等導入事業、(4)ビジネスモデル転換事業の4種類となりますが、(4)は再起支援型でしか補助対象とはなりません。なお「緊急支援型」と「再起支援型」の両方を同時に申請することはできません。"
  • 「緊急支援型」と「再起支援型」のどちらに申請していいのか分かりません。
    「緊急支援型」の方は5月31日でいったんその補助対象事業を清算したい事業者向けとなっており、6月1日以降も補助対象事業を続ける場合は「再起支援型」を想定しています。例えば、デリバリーサービスを10月まで利用する場合に、5月31日までの利用料までで精算したい方は「緊急支援型」を、6月1日以降の利用料を申請したい方は「再起支援型」で申請して下さい。
トップ > 神奈川県 の 事業者 が活用できる補助金 > 【受付終了】神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)