ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

北海道 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 北海道 の 事業者 が活用できる補助金 > 新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
助成金 北海道  

新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業補助金

申請の難しさ
☆☆☆
 要約すると…
国の「小規模事業者持続化補助金」に採択された事業者が対象。北海道が事業費の一部を助成することで、自己負担の割合を1/3から1/4に軽減する。

 新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業補助金の概要

支給内容
国補助金の対象事業のうち新型コロナウイルス感染症加点を希望した補助事業者の方々に対し、道が更に1/12を上乗せ補助することで、自己負担額を1/3から1/4に軽減するもの
エリア 管轄
北海道 北海道
対象
補助対象者は、国の「小規模事業者持続化補助金」に採択された方のうち、新型コロナウイルス感染 症加点の付与を希望した小規模事業者の方々
該当条件
国の「小規模事業者持続化補助金」に採択された方のうち、新型コロナウイルス感染 症加点の付与を希望した小規模事業者。

※補助対象経費は、国の「小規模事業者持続化補助金」で交付決定を受けた下記の経費

1.機械装置等費、2.広報費、3.展示会等出展費、4.旅費、5.開発費、6.資料購入費、7.雑役務費、8.借料、9.専門家謝金、10.専門家旅費、11.設備処分費、12.委託費、13.外注費


NEW:国の「小規模事業者持続化補助金」に採択された方のうち、コロナ特別対応型に採択され、類型Aの取組のみを行う方も支援対象に追加されました。
受付期間

2020年7月22日〜2021年2月26日

 ◆第1回:令和2年(2020年) 7月22日(水)~31日(金)
 ◆第2回:     〃       8月24日(月)~31日(月)
 ◆第3回:     〃       9月23日(水)~30日(水)
 ◆第4回:     〃      10月23日(金)~30日(金)
 ◆第5回:     〃      11月24日(火)~30日(月)
 ◆第6回:     〃      12月21日(月)~28日(月)
 ◆第7回:令和3年(2021年) 1月22日(金)~29日(金)
 ◆第8回:     〃       2月19日(金)~26日(金) ※最終

備考

※国補助金の事業を完了し、補助金額が確定した後に申請いただくもの。

 申請の流れ

  • STEP 1

    持続化補助金の決定後、写しを準備
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1持続化補助金の決定後、写しを準備

実施書類を自前で準備
  •  以下の国補助金に係る書類の写し
  •  補助事業交付申請書及び添付書類 必須
  •  交付決定書 必須
  •  補助事業実績報告書及び添付書類 必須
  •  国補助金額の確定通知 必須
  •  国補助金精算払請求書 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  補助金等交付申請書 必須
  •  事業計画(実績)書 必須
  •  経費の配分調書 必須
  •  補助金等精算書 必須
  •  事業精算書 必須
  •  口座振替申出書

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒060-8588
札幌市中央区北3条西6丁目
道庁本庁舎8階
北海道経済部地域経済局中小企業課商工団体グループ

 窓口

〒060-8588
札幌市中央区北3条西6丁目
道庁本庁舎8階
北海道経済部地域経済局中小企業課商工団体グループ

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

更新履歴

  • 2020年7月3日
    申請対象が広がりました
トップ > 北海道 の 事業者 が活用できる補助金 > 新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)