ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

熊本県 の 事業者 が活用できる給付金・支援金を紹介

トップ > 熊本県 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 【受付終了】熊本県休業要請協力金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
給付金 熊本県 郵送  

【受付終了】熊本県休業要請協力金

申請の難しさ
 要約すると…
新型コロナ感染症拡大を防止するために熊本県が休業等を要請。
その休業要請に応じた事業者に支給される給付金(支援金)。
内容に応じて、1事業者あたり10万円が支給されます。
申請は郵送のみ対応。

 熊本県休業要請協力金の概要

支給内容
熊本県庁の休業要請に応じて、2020年4月22日〜5月6日の間休業を実施した事業者に支給される給付金(支援金)。
休業し、感染リスクを下げる取り組みを行った事業者が対象で、1事業者あたり10万円が支払われる。
(※複数の施設を営業している事業者であっても、1事業者当たり一律10万円とします。)

エリア 管轄
熊本県 熊本県庁
対象
熊本県内で休業要請等の対象施設を運営する中小企業者等(個人事業主を含む)

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
以下の全ての要件を満たす事業者

[1]
熊本県内で休業要請等の対象施設を運営する中小企業者等(個人事業主を含む。)であること。

[2]
休業要請等を実施(2020年4月21日)する以前から、休業要請等の対象施設に関して必要な許認可等を取得の上、当該施設を運営していること。

[3]
休業要請等期間(2020年4月22日から5月6日まで)の全てにわたって休業したこと。ただし、仕入先等関係者との調整、従業員の配置調整その他正当な理由により同期間の全てにわたって休業することが困難であった者については、遅くとも2020年4月25日から休業を開始し、同年5月6日まで全て休業した場合に限り交付対象とします。

[4]
暴力団排除条例 (平成22年熊本県条例第52号)に規定する暴力団、暴力団員等又は暴力団密接関係者に該当する中小企業者等ではないこと。
受付期間

2020年5月7日〜2020年6月30日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  休業要請期間より前の営業実態が確認できる書類 必須

    原則として税務署の受付印又は電子申告の受信通知のある確定申告書の写し

  •  休業状況が確認できる書類 必須

    休業期間を告知している店頭ポスターの写し、ホームページの写しなど

  •  口座番号(※原則、申請者名義)が確認できる書類 必須

    通帳の写し、キャッシュカードの写しなど

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  申請書 必須
  •  誓約書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒862-8570 
熊本県商工政策課 休業要請協力金係(※住所記載不要)

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 熊本県 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 【受付終了】熊本県休業要請協力金の利用の仕方(新型コロナ対応)