ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

岩手県 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 岩手県 の 事業者 が活用できる補助金 > ものづくり企業競争力強化緊急支援事業の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年8月6日 )
利用 できる 支援
補助金 岩手県  

ものづくり企業競争力強化緊急支援事業

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
岩手県内の中小ものづくり企業を対象に、景気回復後の業容拡大等を図る取組に要する経費の一部を支援する補助金。
上限300万円 を補助。

 ものづくり企業競争力強化緊急支援事業の概要

支給内容
補助率:補助対象経費の2分の1以内
補助上限額:300万円
エリア 管轄
岩手県 岩手県
対象
新型コロナウイルス感染症の影響を受けているものづくり事業者(ものづくり基盤技術振興基本法第2条第2項)で、次の2つを満たす者。

[1]
県内に事業所を有する者

[2]
資本金の額が10億円未満である者

※対象業種は加工組立型のものづくり産業、工業製品の設計・製造・修理に係る業種、IT・ソフトウェア業等です。詳細は公募要領をご覧ください。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる事業
補助金の交付決定を受けた者が自社の競争力を強化するために主体的に実施する事業で、次のいずれかに該当するものとします。

・製品や強み技術の開発・改良
・生産・製造技術の効率化・高度化
・その他、自社の競争力強化に資するもの

※本事業は、ソフト事業(競争力強化に繋がる取組そのもの)に対する支援を行うものであり、設備投資は対象になりません。また、事業内容の全部又は大部分を他に外注又は委託する事業も対象としません。

想定事業例


【対象経費】
開発改良費:直接人件費、旅費、原材料・消耗品費、外注加工費、ソフトウェア開発費、使用料
技術導入費:技術指導費、教育研修費、委託費
など

受付期間

2020年7月27日〜2020年8月26日

県において提出資料等の確認を行った後、事業計画等の審査を行い、予算の範囲内において、採否を決定します。(採択予定件数:20件程度)

備考

※申請様式類は、電子メールにより提出してください。

※新型コロナウイルス感染症の影響(1月以降、最も減少幅の大きな、連続する任意の2か月間の売上高の状況)については、事業採択後の交付申請手続の際、その裏付けとなる書類(売上台帳等)を提出していただきます

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  県税の納税証明書(写し) 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  ものづくり企業競争力強化緊急支援事業費補助金応募申込書 必須
  •  事業計画書 必須
  •  収支予算書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 E-mail

提出先:岩手県商工労働観光部ものづくり自動車産業振興室
メールアドレス:AB0005@pref.iwate.jp

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 「大企業」および「みなし大企業」は本補助金の対象となるか。
    補助対象者については、新型コロナウイルス感染症が県内経済に及ぼす影響等を勘案し、資本金 10 億円未満の中堅・中小企業としています。 なお、親会社の資本金が 10 億円以上であっても、自社の資本金が10 億円未満であれば対象となります。
  • 食品加工業は、本補助金の対象に含まれるか。
    本補助金は、加工組立型のものづくり産業及びその関連産業を対象としていることから、ご質問の食品加工業は対象に含まれません。
  • 当該補助金の申請は1社1件までか。
    本補助金では、各社複数の提案を妨げるものではありませんので、複数ご申請いただくことも可能です。 なお、申請案件については、個々に内容を審査した上で、採否を判断します。
トップ > 岩手県 の 事業者 が活用できる補助金 > ものづくり企業競争力強化緊急支援事業の利用の仕方(新型コロナ対応)