ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

山形市 の 事業者 が活用できる応援金を紹介

トップ > 山形市 の 事業者 が活用できる応援金 > 山形市事業者応援金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月20日 )
利用 できる 支援
応援金 山形市  

山形市事業者応援金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、売上が減少している市内事業者の事業再開事業継続を応援するための応援金。
1事業者あたり20万円 を補助。

 山形市事業者応援金の概要

支給内容
1事業者あたり20万円
エリア 管轄
山形県山形市 山形市
対象
以下のすべてに該当する事業者、個人事業主の方が対象となります。

[1]
山形市内に事業所を有する中小企業の事業者および個人事業主の方、または市外に事業所を有し山形市内に住所を有する個人事業主の方

[2]
2020年3月から5月までのいずれかひと月の売上が、前年同月と比較して20%以上50%未満の範囲で減少している方

[3]
国の持続化給付金を受給していない方、または今後受給する予定がない方

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

受付期間

2020年7月13日〜2020年9月30日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  2019年3月から5月までの月が含まれる事業年度の確定申告書別表1および法人事業概況説明書の写し(法人の場合) 必須
  •  2020年1月から申請日の前月までの月間事業収入を証明する書類(法人の場合) 必須

    売上台帳の写し等

  •  2019年分の確定申告書第1表の写し(個人事業主の場合) 必須
  •  2019年1月から8月までの月間事業収入を証明する書類(個人事業主の場合) 必須

    所得税青色申告決算書、*売上台帳の写し等

  •  2020年1月から申請日の前月までの月間事業収入を証明する書類(個人事業主の場合) 必須

    売上台帳の写し等

  •  振込口座が確認できる通帳の写し 必須
  •  不動産登記事項証明書または固定資産課税台帳記載事項証明書等(市内に自己所有の事業所を有する市外在住の方) 必須
  •  賃貸借契約書の写し(市内で事業所を賃借している市外在住の方)

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  申請書 必須
  •  売上確認票 必須
  •  宣誓書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒990-0042 
山形市七日町3-1-9
山形商工会議所内5階特別室
山形市事業者応援金事務局 宛

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 確定申告はしていないがどうすればいいのか。
    今回の制度は確定申告書類をもとに給付の適否を判断しますので、確定申告後に申請してください。
  • 今年2月に売上が前年同月と比較して50%以上減少したため国の持続化給付金を受給したが、5月の売上が30%減少したため申請していいのか。
    国の持続化給付金の対象とならない方を支援する目的ですので、持続化給付金に該当する方は申請はできません。
  • 今年6月に売上が前年同月と比較して40%減少し、7月に55%減少したが申請はできるのか。
    7月に55%減少した場合は国の持続化給付金の対象となるため、持続化給付金の申請をお願いします。なお、この制度は3月〜5月のいずれかの月の売上減少を対象としているため、6月に40%減少した場合は対象となりません。
トップ > 山形市 の 事業者 が活用できる応援金 > 山形市事業者応援金の利用の仕方(新型コロナ対応)