ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

北海道 の 事業者 が活用できる助成金(補助金)を紹介

トップ > 北海道 の 事業者 が活用できる助成金(補助金) > 感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業(ライブ・エンタテイメント業)助成金申請の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月14日 )
利用 できる 支援
助成金 北海道  

感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業(ライブ・エンタテイメント業)助成金申請

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
音楽、演劇などのライブ・エンタテインメントの公演を実施し継続していくために、ガイドラインに沿った取組を行う事業者を支援するための助成金。
1事業者につき25万円 を助成。

 感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業(ライブ・エンタテイメント業)助成金の概要

支給内容
1事業者につき25万円
エリア 管轄
北海道 北海道
対象
以下の要件を全てを満たす者

[1]
ライブ・エンタテインメントを⾏うため、ライブハウス、ライブバー、劇場、野外ステージなどの施設の管理、公演の運営、専⾨技術等で公演を⽀えることを業とし、ライブ・エンタテインメント事業が事業収⼊全体の50%を超えること

[2]
ライブ・エンタテインメント事業の活動実績が1年以上であること

[3]
北海道内に事務所があり、北海道が主たる活動の場としている法⼈または個⼈であって、事業税や道⺠税等を滞納していないこと

[4]
国または地⽅公共団体が資本⾦、基本財産その他これに準じるものを出資している団体ではないこと

[5]
「暴⼒団排除に関する誓約事項」に規定する暴⼒団関係者でないこと。また、遊興娯楽業のうち、⾵俗関連業、ギャンブル業、賭博など、社会通念上適切でないと判断される事業を⾏っている事業者でないこと

[6]
主体的に責任を持ってガイドラインに基づく感染拡⼤防⽌対策に取り組む事業者であること。個⼈で事業を⾏っている場合については、取組をスタッフ間に指⽰できる⽴場であること

[7]
本助成⾦を受け取った事業者ではあること(1事業者に1回の交付)

[8]
地域や業界のガイドラインなどに基づき、新型コロナウイルス感染拡⼤防⽌に取り組むことで受け取れる、本助成⾦と同様の助成⾦を受け取っていないこと

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる事業
(1)施設の管理
(2)公演の運営
(3)技術・装置・道具関連
受付期間

〜2020年7月22日

オンライン申請(〆切 7月22日)の受付完了後、7月31日17:00まで(必着)に必要書類を郵送にて提出してください。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請ページより電⼦申請を⾏う
  •  
  • STEP 3

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 4

    必要書類を提出してください

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  ライブ・エンタテインメントに関わる仕事が主な収⼊になっていることがわかる資料 必須

    会社概要・過去1年分のライブスケジュールなど

  •  振込⼝座の写し 必須

    (※書類提出時に必要な書類です。オンライン申請時には書類を必要する必要はありません。)

    振込口座の銀行名、支店名、口座番号が分かる通帳のページやネット銀行の画面のコピー

  •  道内に本店または⽀店の所在が確認できる書類 必須

    (※書類提出時に必要な書類です。オンライン申請時には書類を必要する必要はありません。)

    3ヶ月以内に発行されたもの
    (法⼈の場合)「登記簿謄本(履歴事項全部証明)」
    (個⼈の場合)「個⼈事業の開業・廃業等届出書」の写し(税務署受付印のあるもの)

  •  道内において主たる事業を⾏っていることを確認できる書類 必須

    (※書類提出時に必要な書類です。オンライン申請時には書類を必要する必要はありません。)

    3ヶ月以内に発行されたもの
    (法⼈の場合)道税事務所発行「令和元年度法⼈事業税および法⼈道⺠税納税証明書」の写
    (個⼈の場合)道税事務所発⾏「令和元年度 個⼈事業税の納税証明書」「平成30年度 個人事業税の納税証明書」(ただし、令和元年度分の納期限を迎えた場合は「令和元年度 個人事業税の納税証明書」)および道内市町村発⾏「令和元年度 住⺠税納税証明書」の写し

STEP 2申請ページより電⼦申請を⾏う

事前エントリー
申請ページより電子申請をしてください。
申請期間:令和2年7月22日までです。
>>助成金のオンライン申請ページ

STEP 3申請書類の準備

申請書類
STEP1で用意した下記3点を提出していただきます
1. 振込⼝座の写し(振込口座の銀行名、支店名、口座番号が分かる通帳のページやネット銀行の画面のコピー)
2. 道内に本店⼜は⽀店の所在が確認できる書類
3. 道内において主たる事業を⾏っていることを確認できる書類(3ヶ月以内に発行されたもの)

STEP 4必要書類を提出してください

申請先・方法
 郵送

オンライン申請の受付完了メールが届いたら、必要書類を下記宛先へ提出してください。

〒064-8630
札幌市中央区⼤通⻄20丁⽬3-24 WʼS⼤通ビル4F
⼀般社団法⼈北海道ライブ・エンタテインメント連絡協議会

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 北海道ライブ・エンタテインメント連絡協議会の助成金は課税対象ですか?
    "本助成金の税法上の取扱いについて、法令に則ると、所得税や法人税の計算上、収入金額や益金に加える必要があるとのことです。 ただし、収入の減少や各種経費の支払などによって、支援金の支給額を含めてもなお、赤字となる事業者については、課税所得は生じないこととなります。 所得税、法人税に関してご不明な点等は、所轄の税務署にお問い合わせください。"
  • 公演のグッズ収入はライブ・エンタテインメント事業の収入に含まれますか?
    ライブ公演時に販売されるグッズ収入についてはライブ・エンタテインメント事業の収入に含まれます。それ以外のオンライン等でのグッズ販売収入は対象になりません。
  • 北海道ライブ・エンタテインメント連絡協議会に加盟していないが、申請可能か?
    北海道ライブ・エンタテインメント連絡協議会に加盟しているか否かは交付対象者の要件ではありませんので、申請可能です。
トップ > 北海道 の 事業者 が活用できる助成金(補助金) > 感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業(ライブ・エンタテイメント業)助成金申請の利用の仕方(新型コロナ対応)