ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

岡山県 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 岡山県 の 事業者 が活用できる補助金 > 小規模設備生産性向上支援事業補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年8月28日 )
利用 できる 支援
補助金 岡山県  

小規模設備生産性向上支援事業補助金

申請の難しさ
☆☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者が行う、生産性向上を目的とした設備の導入等を支援するための補助金。
内容に応じて上限300万円 を補助。

 小規模設備生産性向上支援事業補助金の概要

支給内容
補助率:2/3以内
補助額:下限 50万円、上限 300万円
エリア 管轄
岡山県 岡山県
対象
新型コロナウイルス感染症の影響により2020年2月~7月のいずれか1か月の売上高が、前年同月比15%以上減少している、県内に事業所等を有する中小企業者

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる経費
生産性向上を目的とした次の要件を満たす設備の導入等
①岡山県内において使用・設置されるものであること
②設備購入等により生産性が向上すること
③生産性向上の内容が作業効率化であるとき、人員を削減する計画でないこと
④購入しようとする設備等が、経費区分のいずれかに該当し、かつ対象外経費に該当しないこと

補助事業の期間は、交付決定の日から2021年2月1日までとし、期間内に支払った(決済した)経費等を補助します。
ただし、2020年4月1日以降に発注を行った事業に要する経費についても、書類等による確認が可能で適正と認められる場合には補助対象とすることが可能です。
受付期間

2020年8月12日〜2020年9月15日

備考

期間中に次のとおり相談対応窓口を設置します。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、完全予約制となっておりますので、お問い合わせの上、ご予約ください。
また、相談時はマスクの着用等、ご自身での予防対策にご協力ください。(咳や発熱、風邪症状、だるさなど体調に不安のある方はご遠慮いただきます。)

(相談対応窓口)
期間:2020年8月12日(水)~9月8日(火)
場所:テクノサポート岡山内
時間:平日9:00~16:00(12:00~13:00は除く)
予約先TEL:086-214-6302

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  見積書(原則2者以上) 必須

    ※見積書が1者の場合は、「業者選定理由書」を作成願います。
    ※自社で選定した見積依頼業者から入手してください。
    ※2020年4月1日以降にすでに事業に着手している場合は次のとおり提出願います。

    (発注済までの場合)
    金額の内訳及び発注日がわかる書類(見積書、発注書等)の写し、商品カタログまたは仕様書等

    (納品済までの場合)
    金額の内訳及び発注日がわかる書類(見積書、発注書等)の写し、納品書の写し、請求書の写し、商品カタログまたは仕様書等

    (支払(決済)済までの場合)
    金額の内訳及び発注日がわかる書類(見積書、発注書等)の写し、納品書の写し、請求書の写し、口座振込したことがわかる書類(通帳、振込票等)の写し、商品カタログまたは仕様書等

  •  カタログまたは仕様書等 必須

    ・カタログが入手できる製品等については見積依頼業者等から入手してください。
    ・自社の特注等でカタログ等が無い場合には、見積依頼をする際に自社が示した仕様書や図面等書類をご提出ください。

  •  履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)または原本証明をした定款の写し(法人の場合) 必須

    <履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)>
    最寄りの法務局に請求し、入手してください。

    <定款の写し>
     自社に備え置かれた定款の写しを作成し、最終頁の余白に原本証明として、「原本のとおり相違ありません。"日付"、"名称(屋号)"、"代表者役職"、"代表者氏名"」を記載し、代表者印(会社の実印)を押印してください。

  •  青色申告書の写しまたは開業届の写し(個人事業主の場合) 必須

    自社に備え置かれたものの写しをご提出ください。

  •  直近の決算書 必須

    (法人の場合)
    決算書(貸借対照表・損益計算書・販売費および一般管理費内訳書・製造原価報告書または完成工事原価報告書・株主資本等変動計算書・個別注記表)、法人事業概況説明書

    (個人事業主の場合)
    所得税の確定申告書一式

    (第1期中の場合)
    試算表等

  •  (設備等の改修の場合)減価償却明細書の写し 必須
  •  県税に未納が無いことの証明(完納証明) 必須

    最寄りの県民局から入手してください。
    ※各市町村が発行する納税証明ではありませんのでご注意ください。

  •  新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年2月~7月までのいずれか1か月の売上高が前年同月比15%以上減少していることが証明できる書類 必須

    ※上記に記載した月の売上高がわかるもの(確定申告書の写し、月別試算表の写し、売上台帳の写し等)
    ※危機関連保証またはセーフティネット4号の認定書をお持ちの方はその写しで代用できます。

  •  許可、登録等を要する業種にあってはその書面の写し 必須
  •  その他参考となる資料 必須
  •  電子媒体 必須

    CD-RまたはUSBメモリに「補助事業計画書」、「補助対象経費積算明細書および資金調達計画」を記録したもの
    ※PDFにはせず、そのまま(ワード・エクセル形式)保存してください。
    ※電子媒体が提出できない方は事務局へご相談ください。

STEP 2申請書類の準備

申請書類

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒701-1221
岡山市北区芳賀5301テクノサポート岡山1F
小規模設備生産性向上支援事業補助金事務局
(公益財団法人 岡山県産業振興財団)
TEL:086-214-6302

※本事業の応募書類であることを明記の上、お送りください。
例:「小規模設備生産性向上支援事業補助金 申請書類在中」

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 見積書は1社のみでいいですか。
    ・本事業における発注先の選定にあたっては、入手価格の妥当性を証明できるよう見積書を取得する必要があり、原則として2者以上から同一条件による見積をとることが必要です。 ・ただし、発注内容の性質上、2者以上から見積をとることが困難な場合は、該当する企業等を随意契約先とすることができます。その場合、該当企業等を随意契約の対象とする理由書(業者選定理由書)が必要となります。
  • 個人事業主は補助対象事業者となりますか。
    法人だけでなく、個人事業主も補助対象となります。ただし、岡山県内の税務署への開業届を提出している必要があります。
トップ > 岡山県 の 事業者 が活用できる補助金 > 小規模設備生産性向上支援事業補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)