ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

大分県 の 事業者 が活用できる応援金を紹介

トップ > 大分県 の 事業者 が活用できる応援金 > 大分県中小企業・小規模事業者応援金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月15日 )
利用 できる 支援
給付金 大分県  

大分県中小企業・小規模事業者応援金

申請の難しさ
 要約すると…
売上げが減少しながらも事業の継続、雇用の維持や「新しい生活様式」の実践に取り組む県内の法人や個人事業者に対して支援される応援金。
内容に応じて最大30万円を支援。

 大分県中小企業・小規模事業者応援金の概要

支給内容
対象者[1]に該当する者
法人:30万円
個人事業者:15万円

対象者[2]に該当する者
15万円
エリア 管轄
大分県 大分県
対象
[1]
県内の法人または個人事業者のうち、下記いずれかの融資を受けた者

【県制度資金:民間金融機関融資】
・新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金
・がんばろう!おおいた資金繰り応援資金

【日本政策金融公庫融資】
・新型コロナウイルス感染症特別貸付
・生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付
・新型コロナウイルス対策マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資)
・新型コロナウイルス対策衛経融資


[2]
2020年1月1日以降に県内で創業した者のうち、下記いずれかに該当する者

・小規模事業者持続化補助金(一般型・コロナ特別対応型)の採択通知を受けた者
・大分県災害時等中小企業者持続化支援事業費補助金の交付決定通知を受けた者

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

受付期間

2020年6月10日〜2020年12月31日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  「お支払額明細書」または「返済約定書」の写 必須

    対象者[1]に該当する場合
    ※印の融資の場合は不要。ただし、保証番号を記入すること。

  •  直近年度の法人県民税納付書の写(法人の場合) 必須

    対象者[1]に該当する場合

  •  直近の事業年度の個人事業税納付書の写(個人事業者の場合) 必須

    対象者[1]に該当する場合

  •  持続化補助金の「採択通知」または「交付決定通知」の写 必須

    対象者[2]に該当する場合

  •  「履歴事項全部証明書」(法人登記簿)の写(法人の場合) 必須

    対象者[2]に該当する場合

  •  税務署に提出した「個人事業の開業・廃業等届出書」の写(個人事業者の場合) 必須

    対象者[2]に該当する場合

  •  通帳の写 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  大分県中小企業・小規模事業者応援金交付申請書兼請求書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒870-8501 
大分県大分市大手町3丁目1番1号
大分県中小企業・小規模事業者応援金事務局

 オンライン(電子)

対象者[1]に該当する法人はこちら

対象者[1]に該当する個人事業者はこちら

対象者[2]に該当する方はこちら

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 本社が県外にあるが、対象となるのか
    本社が県外であっても、直近年度で大分県に法人県民税を納めていれば対象となります。個人事業者の場合も、大分県内の事業所において事業活動を行っていれば対象となります。
  • 県内に複数店舗を有しているが、それぞれから申請できるのか。
    申請ができるのは、法人または個人事業者あたり1回限りです。
  • 契約書等のスキャンができない場合、スマートフォンなどで撮影した写真データでもよいか。
    必要な情報が分かるように撮影された写真データであれば問題ありません。
  • 応援金の使途に制限はあるか
    使途制限はありません。事業継続や雇用維持、新しい生活様式への対応等に頑張る事業者を応援するためのものです。
トップ > 大分県 の 事業者 が活用できる応援金 > 大分県中小企業・小規模事業者応援金の利用の仕方(新型コロナ対応)