ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

和歌山市 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 和歌山市 の 事業者 が活用できる補助金 > 和歌山市中小企業サポート補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年6月28日 )
利用 できる 支援
助成金 和歌山市  

和歌山市中小企業サポート補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業を支援するため、市内の中小企業者による既存の事業を拡充または既存の事業から異なる事業へ転換するために係る費用の一部を補助する補助金。
上限20万円を補助。

 和歌山市中小企業サポート補助金の概要

支給内容
補助率:1/2
補助下限:2万5千円
補助上限:20万円
エリア 管轄
和歌山県和歌山市 和歌山市
対象
次のいずれにも該当する方

[1]
法人の場合は市内に主たる事務所または事業所を有し、個人の場合は市内に住所および主たる事務所を有すること

[2]
市税を滞納していないこと

[3]
当該年度にこの要綱による補助金の交付を受けていないこと

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる事業
次のいずれにも該当する事業

[1]
2020年1月29日から2021年1月31日までに実施する、既存の事業を拡充するまたは既存の事業から異なる事業へ転換する事業者であること

[2]
消費税等を除いた補助対象経費の実支出額が5万円以上であること

[3]
和歌山市テイクアウト・デリバリー支援補助金の補助対象とならないこと

[4]
本市から他の補助金等の交付を受けていないこと

[5]
風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業でないこと

[6]
特定の宗教活動および政治活動にかかわるものでないこと

[7]
公序良俗に反するものでないこと
受付期間

〜2021年1月31日

2021年1月末までに申請から事業報告まで完了している必要があります。
ただし、予算上限に達し次第、受付を終了とします。

備考

※これから事業を行う方と、既に事業が完了している方で申請書の様式・必要書類が変わります。
※事業内容についてヒアリングを行うため、郵送の場合は、事前に電話による相談をお願いします。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  補助対象経費の算出根拠となる見積書等の写し 必須

    これから事業を行う方・まだ事業が完了していない方(申請時以降も支出がある方)

  •  補助対象経費の支出を証明する領収書等の写し 必須

    既に事業が完了している方

  •  補助対象事業の実施状況が分かる写真等の資料 必須

    既に事業が完了している方

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  補助金等交付申請書(これから事業を行う方) 必須
  •  事業計画書(これから事業を行う方) 必須
  •  収支予算書(これから事業を行う方) 必須
  •  誓約書兼同意書(共通) 必須
  •  補助金等交付申請書(既に事業が完了している方) 必須
  •  収支決算書(既に事業が完了している方) 必須
  •  事業報告書(既に事業が完了している方) 必須
  •  人件費算出表(人件費を補助対象経費とする場合)(既に事業が完了している方) 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

※事業内容についてヒアリングを行うため、郵送の場合は、事前に電話による相談をお願いします。

〒640-8511
和歌山市七番丁23番地
産業交流局 産業部 商工振興課
電話:073-435-1233 ファクス:073-435-1256

 窓口

〒640-8511
和歌山市七番丁23番地
産業交流局 産業部 商工振興課
電話:073-435-1233 ファクス:073-435-1256

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 和歌山市 の 事業者 が活用できる補助金 > 和歌山市中小企業サポート補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)