ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

広島県 の 飲食・宿泊業 が活用できる助成金(10/10)を紹介

トップ > 広島県 の 飲食・宿泊業 が活用できる助成金(10/10) > 県内中小飲食店向けテイクアウト・デリバリー参入促進事業(テイクアウト・デリバリー参入促進事業助成金)の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年6月4日 )
利用 できる 支援
助成金 広島県  

県内中小飲食店向けテイクアウト・デリバリー参入促進事業(テイクアウト・デリバリー参入促進事業助成金)

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
売上の減少に苦しむ飲食店・宿泊業が「テイクアウト」や「デリバリー」などに新たに取り組んだ際、その対象経費を助成。
定額(10/10)助成で、最大30万円。

 県内中小飲食店向けテイクアウト・デリバリー参入促進事業(テイクアウト・デリバリー参入促進事業助成金)の概要

支給内容
最大30万円(助成率10/10)
エリア 管轄
広島県 広島県
対象
次に掲げるア~ウのすべてを満たす者


広島県内に主たる事業所を有し、飲食業または宿泊業を営む中小企業者等。
ただし、みなし大企業、フランチャイズ契約を締結して事業を行っている者は除く。


テイクアウトまたはデリバリー事業を行うために必要な飲食店営業許可を受けており、または受ける予定があり、かつテイクアウトまたはデリバリー事業に2020年4月1日以降に参入する者
(例)
・飲食店営業1類の許可を持ち、そうざい等の店頭販売を新たに開始する
・飲食店営業3類の許可を取得し,仕出し・弁当等の販売を新たに開始する
・飲食店営業3類の許可を持ち、仕出し・弁当等の販売を新たに開始する

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

助成対象経費
(1)販売促進費
 ▶チラシ等印刷物の製作委託費
 ▶PRするための広告掲載費(新聞・雑誌等)
 ▶PR動画製作委託費
 ▶WEBサイト等製作委託費
 ▶看板・POP・のぼり製作費 など

(2)配送用車両等借上料
 ▶デリバリーバイク等のリース・レンタル料(3か月分)

(3)梱包・包装資材等の購入費
 ▶はし等の食器類、包み紙、手提げ袋、おてふき
  ナイロン手袋、クーラーボックス等の購入費用 など

(4)店舗等内装工事費
 ▶テイクアウト用小窓、ショーウィンドー、調理室の間仕切りの設置など

※詳細につきましては、必ず募集要項をご確認ください。
受付期間

2020年5月7日〜2020年7月31日

※申請は先着順で受理し、申請額が予算枠上限に達し次第終了

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備
  •  
  • STEP 2

    取り組みが分かる資料を用意
  •  
  • STEP 3

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 4

    支給申請。STEP2と3 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備

事前申出
助成金の交付申請をしようとする代表者は,あらかじめ,産振構に事前申出書を提出。(原則、郵送)
・交付申請に係る事前申出書Word版 、(PDF版 )
・誓約書Word版 、(PDF版 )

〒730-0052
広島市中区千田町3-7-47
公益財団法人 ひろしま産業振興機構
新型コロナ対策事業推進チーム 宛

STEP 2取り組みが分かる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  登記簿謄本等
  •  県税について滞納がないことの証明書【原本】
  •  食品関係営業許可書【写し】
  •  助成事業の実施が確認できる書類【原本】

    チラシ、SNS掲載情報、写真(助成対象購入物の写真、店舗等での使用状況) 等

  •  支出金額証拠書類【写し】

STEP 3申請書類の準備

申請書類
  •  交付申請書兼実績報告書
  •  精算払い請求書

STEP 4支給申請。STEP2と3 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒730-0052
広島市中区千田町3-7-47
公益財団法人 ひろしま産業振興機構
新型コロナ対策事業推進チーム 宛

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 広島県 の 飲食・宿泊業 が活用できる助成金(10/10) > 県内中小飲食店向けテイクアウト・デリバリー参入促進事業(テイクアウト・デリバリー参入促進事業助成金)の利用の仕方(新型コロナ対応)