ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

兵庫県 の 宿泊業 が活用できる助成金(補助金)を紹介

トップ > 兵庫県 の 宿泊業 が活用できる助成金(補助金) > 宿泊施設の感染防止対策への支援の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月14日 )
利用 できる 支援
助成金 兵庫県  

宿泊施設の感染防止対策への支援

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
県内宿泊施設において、新型コロナウイルス感染症における感染症拡大防止対策として取り組む設備の整備等に要する経費を支援するための助成金。
内容に応じて上限60万円 を補助。

 宿泊施設における感染防止対策のための設備整備事業補助金の概要

支給内容
定額補助
1つのホテル等を経営する事業者:上限30万円
複数のホテル等を経営する事業者 (2つのホテル等まで対象):上限60万円
エリア 管轄
兵庫県 兵庫県
対象
旅館業法の営業許可を受けた宿泊事業者(※1事業者あたり申請は1回限りとします。)
ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律第2条第6項に規定する店舗型性風俗特殊営業並びにそれらに類似する業種を営む者は除きます。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる事業
宿泊施設内のロビー・受付、食事処等のパブリックスペース(客室を除く)および送迎用車両において、感染症拡大防止のために整備する設備の購入費、工事費等

補助対象期間
2020年4月7日(火)~9月30日(水)
※補助対象期間内に設備の整備および支払いが完了したものが対象となります。
※9月30日(水)までに設備の整備及び支払いの完了にかかる確認書類の提出が必要となります(消印有効)。
受付期間

2020年6月22日〜2020年9月30日

※予算の状況により受付期間中であっても受付を終了することがあります。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  旅館業法の許可証もしくは営業証明書の写し 必須
  •  領収書やレシートの写しなど購入金額がわかるもの 必須

    ※金額だけでなく、整備内容が分かるものをA4用紙へ貼り付けてください。

  •  施設内における整備状況が分かる写真 必須

    購入物ごとにそれぞれ1枚
    ※現像写真をA4用紙へ貼り付けるか、A4用紙へプリントアウト(出力)してください。

  •  振込先口座と口座名義が分かる通帳等の写し  必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  申請書一式(交付申請書および実績報告書、誓約書) 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

※できるだけ、簡易書留やレターパックなど郵便物の追跡ができる方法で郵送願います。

〒650-8567
神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階
公益社団法人ひょうご観光本部 「感染防止対策設備整備事業」担当

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • なぜ宿泊施設だけが補助金の対象となるのですか
    "宿泊施設は、飲食店や小売店に比べ滞在時間が長く、宿泊者同士、宿泊者と従業員の共有スペースや接触機会が多いことから、宿泊施設におけるパブリックスペースでの感染症拡大対策を重点的に支援することとしました。 他の事業者については、県で別メニュー(中小企業等事業再開支援事業)が準備されています。 "
  • 民泊の施設は補助金の対象とならないのですか
    "住宅宿泊事業法による民泊施設は、宿泊者同士、宿泊者と従業員の接触機会の多いパブリックスペースが想定されていないことから対象外としています。 なお、旅館業法の簡易宿所は対象となります。 "
  • 対象期間はなぜ4月7日以降なのですか
    兵庫県に緊急事態宣言が発令された日以降に整備した施設を対象としています。
トップ > 兵庫県 の 宿泊業 が活用できる助成金(補助金) > 宿泊施設の感染防止対策への支援の利用の仕方(新型コロナ対応)