ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

長崎市 の 小売店や飲食店 が活用できる給付金・支援金を紹介

トップ > 長崎市 の 小売店や飲食店 が活用できる給付金・支援金 > 【受付終了】長崎市事業持続化支援金(小売・飲食店)の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
給付金 長崎市  

【受付終了】長崎市事業持続化支援金(小売・飲食店)

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響を受け、経営が悪化した市内小売店や飲食店に支給される給付金(支援金)。上限30万円が支給されます。
申請方法は、郵送。

 事業持続化支援金(小売・飲食店)の概要

支給内容
申請要件を満たす2020年3~5月の任意の1ヶ月の売上減少額×3ヶ月分 (支給上限額30万円)
エリア 管轄
長崎県長崎市 長崎市
対象
以下の条件すべてに該当する事業者

[1]
長崎市内で営業している

[2]
新型コロナウイルス感染症の影響により、経営が悪化した市内小売店や飲食店

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
以下の条件を満たす事業者

[1]
新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げが減少し、次のいずれかに該当すること
(1)1年以上継続して事業を行っている方
 原則として、2020年3月~5月の任意の1ヶ月の売上が前年同月に比して20%以上減少していること。
(2)1年未満の事業者又は単純な売上の前年比較が困難な方は、次のア~ウのいずれかに該当すること。
 (セーフティネット保証制度4号の取扱いに準ずる)
 ア 2020年3~5月の任意の1ヶ月の売上が、同月・同前月・同前々月の3ヶ月間の平均売上より20%以上減少していること。
 イ 2020年3~5月の任意の1ヶ月の売上が、2019年12月の売上より20%以上減少していること。
 ウ 2020年3~5月の任意の1ヶ月の売上が、2019年10月~12月の平均売上より20%以上減少していること。
[2]
2018年度までの市税を滞納していないこと

[3]
申請者等は暴力団等に関与していないこと
受付期間

2020年4月22日〜2020年6月30日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類

STEP 2申請書類の準備

申請書類

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒850-8685 長崎市桜町4-1(商工会館4階) 
長崎市商工振興課

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 複数の事業所(店舗)がある場合はどうなりますか。
    事業所(店舗)ごとに申請をお願いいたします。なお、申請要件の確認については店舗ごとに行います。
  • 営業期間が 3 ヶ月に満たない場合はどうなりますか。
    営業期間が 3 か月に満たない場合は、支給の対象外となります。
トップ > 長崎市 の 小売店や飲食店 が活用できる給付金・支援金 > 【受付終了】長崎市事業持続化支援金(小売・飲食店)の利用の仕方(新型コロナ対応)