ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

鹿児島市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金を紹介

トップ > 鹿児島市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 鹿児島市事業継続支援金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
給付金 鹿児島市  

鹿児島市事業継続支援金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少し、事業継続に困っている鹿児島市内で事業を営む中小企業者に対して支給される支援金(給付金)。上限は30万円。
申請方法は、郵送。

 鹿児島市事業継続支援金の概要

支給内容

2020年3月から5月までのうち、前年同月比で20%以上50%未満減少している1か月の売上減少額が最大となる月の減少額の3か月分の額

※上限30万円(給付は1回限り)

※千円未満の端数が生じた場合は、その端数は切り捨てる

エリア 管轄
鹿児島県鹿児島市 鹿児島市
対象
以下の条件すべてに該当する事業者

鹿児島市内における不特定多数の者が来店・利用を控えることによって売上が減少している第3次産業の中小企業者等
(※小売業、宿泊業、飲食サービス業、娯楽業、生活関連サービス業、教育・学習支援業、医療・福祉、道路旅客運送業、自動車賃貸業など)

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
以下の条件を満たす事業者

[1]
2019年12月以前から鹿児島市内で事業を営み、今後も、事業を継続する意思があること

[2]
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、売上が減少していること

[3]
2020年3月から5月までの任意の1か月の売上が前年同月に比して20%以上50%未満減少していること(ただし、2020年3月から5月のいずれの月も売上減少率が50%未満であること。)

[4]
申請者等は暴力団等に関与していないこと
受付期間

2020年5月11日〜2020年8月31日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP.01 と 02 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  確定申告書の控え 必須
  •  2020年3月、4月、5月の月間売上がわかるもの 必須
  •  事業概要がわかるもの 必須
  •  振込先口座の通帳の写し 必須
  •  本人確認資料(個人事業者のみ) 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類

STEP 3支給申請。STEP.01 と 02 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒892-8677
鹿児島市山下町11-1
鹿児島市産業支援課 宛

封筒には、宛先のほか「事業継続支援金申請書」在中とご記載ください。

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • インターネットのみで小売業を行っています。支援金の対象となりますか。
    店舗を持たずインターネットのみで販売する事業者は対象となりません。対象となる業種については、市ホームページに掲載している「対象業種一覧」を確認してください。
  • 2019年の6月に開業し、前年3~5月との比較ができないときはどうしたらいいですか。
    事業期間が1年未満又は単純な売上の前年比較が困難な方は、2020年3~5月の任意の1か月の売上を、2019年6月~2020年4月の任意の連続3か月の平均売上と比べてください。
  • 今年の4月に開業しましたが、支援金を受けることができますか。
    2020年1月以降に開業した場合は、支援金の交付の対象となりません。

更新履歴

  • 2020年7月3日
    申請期間を更新
トップ > 鹿児島市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 鹿児島市事業継続支援金の利用の仕方(新型コロナ対応)