ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

秋田市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金を紹介

トップ > 秋田市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 新型コロナウイルス感染症対策地域産業支援事業の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月2日 )
利用 できる 支援
給付金 秋田市 オンライン申請可  

新型コロナウイルス感染症対策地域産業支援事業

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
秋田県が行った休業申請等の対象とはならず、かつ国の「持続化給付金」の受給要件を満たさなかった中小事業者に支給される支援金(給付金)。1事業者あたり20万円が支給される。
申請受付は、6月15日(月)からの開始を予定。

 新型コロナウイルス感染症対策地域産業支援事業の概要

支給内容
1事業者あたり20万円。
ただし、複数店舗を所有していても同一金額となります。
エリア 管轄
秋田県秋田市 秋田市
対象
秋田市内に事業所をもつ中小企業者や小規模事業者

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
以下の条件すべてに該当する事業者

[1]
2019年以前から、本市において事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思があること。

[2]
申請の時点において、法人については、商業および法人登記簿上、市内に本店があること。また、個人事業主にあっては、本市に住民登録を行っており、事業の拠点が市内にあること

[3]
2020年1月から同年12月までの任意の1カ月(以下、「対象月」という。)において、売上げが前年の同月と比較し、30%以上50%未満減少していること。

[4]
当該事業者およびその代表者、役員又は使用人その他の従業員もしくは構成員等が、秋田市暴力団排除条例(平成24年秋田市条例第10号)第2条第1号に規定する暴力団および同条第2号に規定する暴力団員(以下「暴力団等」という。)に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。また、暴力団等が当該事業者の経営に事実上参画していないこと。
受付期間

2020年6月15日〜2021年1月15日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  2019年(度)の毎月の売上げを確認することができる書類 必須

    法人の場合:確定申告書別表一および法人事業概況説明書(表・裏)等により、2019年度の売上げを確認します。
    個人の場合:確定申告書別表一および所得税青色申告決算書(表・裏)等、売上台帳等の写しにより、2019年の売上げを確認します。

  •  2020年(度)の売上げを確認することができる書類(対象月の分だけでも可) 必須

    法人および個人ともに、売上台帳等の写しにより、2020年(度)の売上げを確認します。

  •  振込先の金融機関の名称と口座番号を確認することができる書類 必須

    口座名義(カタカナ)が分かる通帳表紙の裏面やキャッシュカードの写し。

  •  申請者本人を確認することができる書類(個人事業主のみ) 必須

    運転免許証、パスポート、保険証等のいずれか一つが必要です。

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  秋田市新型コロナウイルス感染症対策地域産業支援金交付申請書 必須
  •  売上高比較表 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒010-8560 
秋田市山王一丁目1番1号
新型コロナウイルス対策室 地域産業支援金受付

※封筒に差出人の住所および氏名を記載し、「秋田市地域産業支援金申請書類在中」と明記してください。

 オンライン(電子)申請の窓口
 E-mail

郵送および電子申請が困難であれば、例外的に持参による申請を受付いたします。
申請書類を以下の場所に設置した専用ボックスに投函することで提出できます。

・市役所本庁舎(2階会議室2-B前)
・各市民サービスセンター(東部市民サービスセンター、南部市民サービスセンター別館を除く)
・駅東サービスセンター

※受付時間は午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)です。

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 1店舗は休業要請等の対象となり休業したが、1店舗は休業要請等の対象とならなかった。支援金の対象になるか。
    1店舗でも休業要請等の対象施設を所有している事業者は対象外です。
  • 飲食店を経営しているが、もともと昼営業のみで、営業時間の短縮の要請の対象にならなかった。支援金の対象になるか。
    休業要請等の対象外施設のみを経営されている事業者であれば、対象になります。
  • 2020年中に事業拡大をしたため、事業全体の売上の減少率は30%未満である。しかし、売上に対する影響は出ているので対象となるか。
    各店舗ごとではなく、事業全体の売上げで判断しますので、対象とはなりません。

更新履歴

  • 2020年6月1日
    申請書情報を追加
トップ > 秋田市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 新型コロナウイルス感染症対策地域産業支援事業の利用の仕方(新型コロナ対応)