ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

相模原市 の 商店街団体等 が活用できる助成金(補助金)を紹介

トップ > 相模原市 の 商店街団体等 が活用できる助成金(補助金) > 商業者団体等支援補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
助成金 相模原市  

商業者団体等支援補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症発生に伴い影響を受けた商店街団体等に対する助成金(補助金)。
団体の規模に応じ最大300万円を補助。

 商業者団体等支援補助金の概要

支給内容
補助対象事業にかかった経費のうち下記金額を上限として全額補助します。

商店街団体 団体の規模に応じた金額(※上限300万円)
商店街連合会(1団体につき上限50万円)
商店街に準ずる団体(1団体につき上限50万円)
商店街応援団体(1団体につき上限50万円)
エリア 管轄
神奈川県相模原市 相模原市
対象
[1]
商店街団体
2020年3月末時点で市に設立届が提出されており、今後も活動する意思のある団体。

[2]
商店街連合団体
「[1]商店街団体」で構成され、2019年度に活動実績のある団体。

[3]
商店街に準ずる団体
5者以上の市内商業者等で構成されている団体。団体を構成する事業者の半数以上が本補助金の交付対象となっている他団体の構成員となっていないこと。半数以上が構成員となっている場合には前年度に申請団体として商業振興に関する実績及び会計があることが必要。

[4]
商店街応援団体
3者以上の事業者で構成され、営利を目的としない団体。特定または少数の事業者に限定することなく事業を実施できるもの。団体を構成する構成者が本補助金の交付対象となっている他の団体の構成者でないこと。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
対象事業

[1]
商店街団体等が実施する新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とする事業

[2]
商店街団体等が感染収束後に実施する消費回復又は組織の持続を目的とする事業

[3]
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた商店街団体等を支援する事業

受付期間

2020年6月1日〜2020年9月30日

備考

「商店街に準ずる団体」および「商店街応援団体」については、申請前に産業支援課までご相談ください。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  団体の会則等の写し 必須
  •  団体の会員名簿 必須

    氏名、役職、法人名(屋号)、住所等を記載した名簿を提出してください。

  •  収支予算書の根拠書類(該当団体のみ) 必須

    見積書、請求書、領収書等

  •  団体の活動実績がわかる書類(該当団体のみ) 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  補助金等交付申請書 必須
  •  補助事業等計画書 必須
  •  収支予算書 必須
  •  収支予算経費内訳書 必須
  •  補助金等概要調書 必須
  •  支払金口座振替依頼書(市に口座を登録済であって、変更のない団体は提出不要) 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

商店街団体:団体が所在する区の区役所地域振興課へ

商店街連合団体、商店街に準ずる団体、商店街応援団体、商工会議所等内部団体:環境経済局経済部産業支援課へ

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 相模原市 の 商店街団体等 が活用できる助成金(補助金) > 商業者団体等支援補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)