ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

福岡市 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 福岡市 の 事業者 が活用できる補助金 > 緊急事態宣言に伴う事業継続に向けた店舗への家賃支援(新型コロナウイルス感染症対策)の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年6月1日 )
利用 できる 支援
助成金 家賃 福岡市 オンライン対応  

緊急事態宣言に伴う事業継続に向けた店舗への家賃支援(新型コロナウイルス感染症対策)

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、県の休業要請に応じた事業者に対し、支援される補助金。助成金額は内容に応じて1施設あたり上限30〜50万円
申請方法は、オンライン。

 緊急事態宣言に伴う事業継続に向けた店舗への家賃支援(新型コロナウイルス感染症対策)の概要

支給内容
福岡県から出された協力要請等を受け休業した施設(または時間短縮営業した食事提供施設)の賃料の8割

休業期間と支給内容は下記
【第1期】
2020年4月7日から同年5月6日までの分は上限50万円

【第2期】
2020年5月7日から同年5月31日までの分は上限30万円
エリア 管轄
福岡県福岡市 福岡市
対象
【第1期】(=①)
福岡県から出された協力要請等を受けて,対象期間中に定休日を含む15日以上休業した施設、または時間短縮営業した食事提供施設

【第2期】(=②)
1)福岡県の休業要請が継続する店舗等
 (2020年5月7日から同年5月31日の間に概ね15日以上休業した施設)
2)休業・時短要請が解除になった店舗等
 (2020年5月7日から同年5月14日の間に概ね5日以上休業した施設、または時間短縮営業した食事提供施設)

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
[1]
福岡市内で下記のいずれかの施設を運営する者。ただし,大企業および大企業が実質的に経営に参画しているいわゆる「みなし大企業」を除く。
①福岡県が指定した「基本的に休止を要請する施設」
②福岡県が指定した「基本的には休止を要請しない施設のうち食事提供施設(営業時間の短縮については,朝5時から夜8時までの間の営業を要請し,酒類の提供は夜7時までとすることを要請)」

[2]
施設の運営に必要な許認可などを取得の上運営している者。

[3]
施設に係る賃貸借契約を締結し,賃料の支払いを負担している賃借人である者。

[4]
2020年4月7日から同年5月6日までのうち,定休日を含む15日以上休業等を行った者。

[5]
市税に係る徴収金(市税および延滞金等)に滞納がない者。または市税の徴収猶予の特例制度等の対象となる者。

[6]
暴力団関係ではないこと
受付期間

2020年5月13日〜2020年7月31日

外出自粛要請期間中のため,オンラインでの申請にご協力ください。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  代表者の本人確認書類(写し) 必須

    運転免許証(表・裏の両方)、パスポート(顔写真記載のページと所持人記入欄ページ)、健康保険証(表・裏の両方)など

  •  直近の確定申告書(写し) 必須

    【法人の場合】下記の両方を提出してください。
    ・確定申告書別表一の控え
    ・法人事業概況説明書の控え(両面)
    ※受付印または電子申告の受信通知があるものを提出してください。

    【個人事業主の場合】
    ・確定申告書第一表の控え
    ※受付印または電子申告の受信通知があるものを提出してください。

    【設立後未決算の場合】
    法人:現在事項証明書(登記簿謄本/発行日から3か月以内のもの)
    個人事業主:開業届の控え(県内税務署受付印があるもの)

  •  営業に関する許認可証など(写し) 必須

    飲食店営業許可、風俗営業許可、深夜酒類営業届など

  •  賃貸借契約書等の賃料を負担すべきことが証明できる書類(写し) 必須

    物件所在地、賃料額(消費税および地方消費税含む)、契約者(賃貸人、賃借人)の記名捺印が確認できるページの写し

  •  賃料等の支払い実績が確認できる書類(写し) 必須

    令和2年4月分の賃料(消費税および地方消費税含む)が支払われたことが確認できる通帳(※)や領収書等の写し

  •  休業等の状況が分かる書類(写し) 必須

    ホームページ、店頭ポスター、チラシ、DMなど。

  •  通帳などの振込口座に関する事項が確認できる書類(写し) 必須

    振込希望口座の金融機関名、支店名、預金種目、口座番号、口座名義(カナ)が確認できる通帳のページの写し(通帳の1ページ目の見開き)など

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  申請書(オンライン申請の場合は専用フォームに入力してください。) 必須
  •  誓約書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

オンライン申請が困難な場合は郵送申請でも対応いたします。

〒810-0072
福岡市中央区長浜 1-1-35 新 KBC ビル5階
福岡市緊急経済対策実行委員会 家賃支援金業務担当
(JTB ビジネスネットワーク内)

※レターパックや簡易書留など郵送物の追跡ができる方法で郵送してください。
※書類の記入にあたっては,消せるボールペン等は使用しないでください。
※郵送時は封筒などに差出人の住所および申請者名を明記してください。

 オンライン(電子)申請の窓口

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 支援の対象は?
    "期間は2020年4月7日から同年5月6日となります。 対象施設は福岡県から出された協力要請等を受けて、定休日を含む15日以上休業した施設または時間短縮営業した食事提供施設です。ただし、大企業および大企業が実質的に経営に参画しているいわゆる「みなし大企業」が運営している施設は除きます。"
  • 自分の店舗は対象となりますか。
    "福岡県が指定した「基本的に休止を要請する施設」、「基本的には休止を要請しない施設のうち食事提供施設(営業時間の短縮については、朝5時から夜8時までの間の営業を要請し、酒類の提供については夜7時までとすることを要請)」が対象となります。 ※福岡市家賃支援金対象施設一覧(https://fukuoka-kinkyu.jp/yachin/data/200508_tg_facilitylist.pdf)"
  • 食事提供施設のうち、施設内での飲食の提供を休止または時間短縮営業を実施している施設がデリバリーやテイクアウトの営業を実施していても対象となりますか。
    "対象となります。 あくまで、2020年4月7日から同年5月6日までの間に、福岡県が指定した施設で休業あるいは時間短縮営業したかが判断基準となります。 デリバリー、テイクアウトの営業時間は家賃支援とは関係ありません。"
  • スーパーや美容室などの福岡県からの休業あるいは時間短縮営業の協力要請等がない施設は対象とならないのですか。
    "対象にはなりません。 福岡市の今回の家賃支援については、福岡県が休業あるいは時間短縮営業を協力要請等する施設を対象としています。"

更新履歴

  • 2020年5月31日
    参考資料のリンク更新
トップ > 福岡市 の 事業者 が活用できる補助金 > 緊急事態宣言に伴う事業継続に向けた店舗への家賃支援(新型コロナウイルス感染症対策)の利用の仕方(新型コロナ対応)