ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

東京都 の タクシー事業者 が活用できる助成金を紹介

トップ > 東京都 の タクシー事業者 が活用できる助成金 > タクシー事業者向け安全・安心確保緊急支援事業(新型コロナウイルス感染症緊急対策)補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年6月7日 )
利用 できる 支援
助成金 東京都  

タクシー事業者向け安全・安心確保緊急支援事業(新型コロナウイルス感染症緊急対策)補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
感染症の飛沫感染防止策を行っている都内タクシー事業者に対し、支援される助成金。
1台あたり8,000円を助成。

 タクシー事業者向け安全・安心確保緊急支援事業(新型コロナウイルス感染症緊急対策)補助金の概要

支給内容
助成率:5分の4以内(100円未満切捨て)
助成限度額:1台あたり8,000円
エリア 管轄
東京都 東京都
対象
以下のすべてに当てはまる事業者

[1]
道路運送法(昭和26年法律第183号)第3条第1号ハに規定する一般乗用旅客自動車運送事業者であって、事業の停止処分等を受けていないこと。

[2]
東京都内で、特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法(平成21年法律第64号)第2条第1項または同法施行規程第2条第3号に該当する事業を実施していること。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
助成対象となる車両:助成事業者が使用し、都内に使用の本拠の位置がある車両であって、申請日時点で国土交通省関東運輸局に一般車両として登録されている車両。

助成対象経費:製品購入費(加工費、設置費、原材料の購入費含む)、委託費(製品調達・加工・設置に係るもの)
受付期間

2020年5月19日〜2020年11月30日

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  登記事項証明書 必須

    ・個人事業主が個別に申請する場合は不要です。
    ・発行3ヵ月以内のものに限ります。

  •  確定申告書B(写) 必須

    ・個人事業主が個別に申請する場合に提出してください。
    ・直近1期分のもので、税務署の受付印または電子申告の受信通知のあるものを提出してください。

  •  一般乗用旅客自動車運送事業の許可書(写) 必須

    ・認可証又は証明願でも代用可能です。
    ・営業区域(都内)の記載があることが必要です。
    ・社名が登記上と一致している必要があります。
    ・タクシー事業者グループが申請主体の場合は不要です。

  •  印鑑証明書 必須

    発行3ヵ月以内のものに限ります。

  •  資本関係の確認ができる書類 必須

    100%同一の資本に属するグループ企業からの購入・委託を予定している場合は提出してください。

STEP 2申請書類の準備

申請書類

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

※タクシーの事業者団体・協同組合(支部)に所属している事業者は、団体等を経由した申請をお願いします。

【送付先】
〒162-0801
東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル5階
(公財)東京観光財団
地域振興部観光インフラ整備課 タクシー事業者向け緊急支援担当

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 東京都 の タクシー事業者 が活用できる助成金 > タクシー事業者向け安全・安心確保緊急支援事業(新型コロナウイルス感染症緊急対策)補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)