ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

愛媛県 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 愛媛県 の 事業者 が活用できる補助金 > 愛媛県新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入推進支援事業費補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年8月28日 )
利用 できる 支援
補助金 愛媛県  

愛媛県新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入推進支援事業費補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の第二波の流行を想定し、感染予防社会経済活動の両立を図るため、テレワークを導入する事業者に対する補助金。
内容に応じて上限50万円 を補助。

 愛媛県新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入推進支援事業費補助金の概要

支給内容
【2020年度働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)(国助成金)の支援対象】
補助対象となる取組1~5の経費に対し、国から助成された額の6分の1の額
限度額:50万円

【2020年度働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)(国助成金)の支援対象外】
補助対象となる取組6および7の経費合計額の2分の1の額 
限度額:10万円
エリア 管轄
愛媛県 愛媛県
対象
補助金は、次のすべての要件を満たす事業者に交付します。

[1]
県内に主たる事業所を有する中小企業事業主

[2]
2020年7月30日以降、厚生労働省所轄の2020年度働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)に交付申請し、支給決定を受けた事業主

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる取組
◯国助成金の支援対象
1. テレワーク用通信機器の導入(購入を含む)・運用(PC、タブレット等については、シンクライアント端末のみ可)
2. 就業規則・労使協定等の作成・変更 (例)テレワーク勤務に関する規定の整備
3. 労務管理担当者に対する研修
4. 労働者に対する研修、周知・啓発
5. 外部専門家(社会保険労務士等)によるコンサルティング
【対象経費】
謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機器装置等購入費、委託費

◯国助成金の支援対象外
6. 通信機器レンタル料(リースを含む)(シンクライアント端末以外のパソコン、 タブレット等)
7. 国助成金申請書類作成等に係る経費
【対象経費】
謝金、旅費、役務費、印刷製本費、賃借料
受付期間

2020年7月30日〜2021年1月31日

備考

【補助対象期間】
2020年7月30日(木)から2021年3月1日(月)まで

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  2020年度働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)の交付決定書の写し 必須
  •  2020年度働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)の交付決定に係る国への提出書類(交付申請書、添付書類を含む)の写し 必須
  •  口座振替申込書兼債権者登録票、振込先口座と口座名義が分かる通帳の写し 必須

    代表者の名前と同一の口座に限る。
    ※既に県において債権者登録が完了している場合は不要です。登録の有無がご不明な場合は、愛媛県経済労働部産業雇用局労政雇用課までお問合せください。

  •  納税証明書 必須

    県税等の未納がないことの証明

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  2020年度愛媛県新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入推進支援事業費補助金交付申請書、事業実施計画書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

※簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で送付ください。

〒790-8570 
愛媛県松山市一番町四丁目4-2
愛媛県経済労働部産業雇用局労政雇用課 宛

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 愛媛県 の 事業者 が活用できる補助金 > 愛媛県新型コロナウイルス感染症対策テレワーク導入推進支援事業費補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)