ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

横浜市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金を紹介

トップ > 横浜市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 小規模事業者支援一時金(新型コロナウイルス感染症対応小規模事業者等支援事業)の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年5月26日 )
利用 できる 支援
給付金 横浜市  

小規模事業者支援一時金(新型コロナウイルス感染症対応小規模事業者等支援事業)

申請の難しさ
-
 要約すると…
横浜市の「横浜市新型コロナウイルス感染症対応資金」で融資を受けている小規模事業者等に対し、支給される支援金(給付金)。
1事業者につき一律10万円が支給される。
申請方法は郵送。

 小規模事業者支援一時金の概要

支給内容
1事業者につき、一律10万円。
事業継続のために活用するものとします。
エリア 管轄
神奈川県横浜市 横浜市
対象
市内小規模事業者の皆様

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
以下の条件すべてに該当する事業者

[1]
市内に事業所を置く小規模事業者

[2]
「横浜市新型コロナウイルス感染症対応資金」(横浜市の制度融資メニュー)で50万円以上500万円以下の融資を受けている者
受付期間

2020年5月25日〜2021年3月5日

※2,600件程度を予定。上限に達した場合は、申請期間締切前に終了となります。

備考

※一時金の受領後、実施報告書の提出が必要。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する
  •  
  • STEP 4

    一時金の受領後。実施報告書を提出します

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  「新型コロナウイルス感染症特別資金」に係る金銭消費貸借契約書または返済予定表(写) 必須
  •  「新型コロナウイルス感染症特別資金」信用保証決定のお知らせ(写) 必須
  •  振込先が分かる通帳等の写し 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  小規模事業者支援一時金交付申請書兼請求書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒231-8799
横浜市中区日本大通5-3
日本郵便横浜港郵便局留
IDEC横浜小規模事業者支援一時金係宛

STEP 4一時金の受領後。実施報告書を提出します

提出書類
小規模事業者支援一時金実施報告書(一時金交付後に郵送) (申請書式:Word

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

更新履歴

  • 2020年5月24日
トップ > 横浜市 の 事業者 が活用できる給付金・支援金 > 小規模事業者支援一時金(新型コロナウイルス感染症対応小規模事業者等支援事業)の利用の仕方(新型コロナ対応)