ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

鳥取県 の 事業者 が活用できる助成金(補助金)を紹介

トップ > 鳥取県 の 事業者 が活用できる助成金(補助金) > 企業内感染症防止対策補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月14日 )
利用 できる 支援
助成金 鳥取県  

企業内感染症防止対策補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
県内中小企業等が緊急的に取り組む新型コロナウイルス感染症の感染予防対策や、今後の感染拡大防止等に向けた取り組みに対する助成金。
内容に応じて、上限200万円 を補助。

 企業内感染症防止対策補助金の概要

支給内容
[1]
緊急対応型
補助率:4分の3
補助上限額:20万円
補助下限額:10万円

[2]
体制整備型
補助率:4分の3
補助上限額:200万円
補助下限額:50万円
エリア 管轄
鳥取県 鳥取県
対象
鳥取県内の中小企業等
※個人事業主、組合、任意グループ等を含みます。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる事業
[1]
緊急対応型
①事前感染予防事業:オフィス内等での感染予防を目的とした事業
②発生時拡大防止事業:オフィス内等で感染者発生時の対応を行うための事業

[2]
体制整備型
・感染症防止対策ガイドラインに沿った感染症対策を行うための事業
・感染症対策としての販売手法転換等、ビジネス形態転換などを行うための事業
※事業費66.7万円(税抜)以上の事業が対象となります。
受付期間

2020年4月24日〜2021年1月29日

予算の上限額に達した場合、応募期間中であっても募集を終了することがあります。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  定款 必須

    会社パンフレット等事業が分かる資料でも可

  •  決算書 必須

    直近のもの

  •  確定申告書の控え(個人事業主の場合) 必須

    白色申告書の場合は、事業収入が申告されている方のみが対象となりますのでご注意ください。

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  申請書 必須
  •  補助事業実施計画書 必須
  •  体制整備型実施計画書(体制整備型の場合) 必須
  •  収支予算書 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒680-8570 
鳥取市東町1丁目220
頑張ろう鳥取県緊急支援センター(鳥取県商工労働部商工政策課内)

 FAX

FAX:0857-26-8078

 オンライン(電子)申請の窓口
 E-mail

shoukou-seisaku@pref.tottori.lg.jp

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

FAQ よくある質問

  • 個人事業主は対象になるか。
    青色申告をしている事業者または、白色申告者でも事業収入を申告している方は対象とまります。
  • フリーランスで活動しているが対象になるか。
    個人事業主に該当する方は対象となります。
  • 収支予算書の作成にあたって、見積書を提出する必要があるか。
    "緊急対応型については、提出の必要はありませんが、適正な予算書作成のため、原則として見積書を取るようにしてください。 体制整備型については、積算根拠を明示した見積書を必ず提出してください。"
トップ > 鳥取県 の 事業者 が活用できる助成金(補助金) > 企業内感染症防止対策補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)