ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

山形市 の 事業者 が活用できる補助金を紹介

トップ > 山形市 の 事業者 が活用できる補助金 > 新・生活様式対応支援補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年8月26日 )
利用 できる 支援
補助金 山形市  

新・生活様式対応支援補助金

申請の難しさ
☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として新しい生活様式に対応するため、事業者が什器または集客を伴わない販売方法を新たに導入する場合において、その導入に係る費用に対する補助金。
内容に応じて上限30万円 を補助。

 新・生活様式対応支援補助金の概要

支給内容
補助対象経費に相当する額(千円未満の端数は切捨て)で、2万円~20万円(複数店舗事業者の上限額は30万円)

※過去に山形市新型コロナウイルス感染症対策店舗整備支援補助金(2020年4月23日から5月31日受付)または山形市新型コロナウイルス感染症感染防止対策店舗支援補助金(2020年5月25日から6月30日受付)の交付を受けた場合は、その金額を差し引いた額になります。
エリア 管轄
山形県山形市 山形市
対象
山形市内において店舗を展開し、下記の業種を主たる事業として営む個人事業主または常時使用する従業員数が50人以下の中小企業者。

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

補助の対象となる事業
下記の事業で、事業ごとに要する経費が1万円(消費税及び地方消費税相当額を除く。)以上のもので、補助対象経費の額が2万円以上となるもの。
(1)什器の導入
① 飛沫感染防止対策のための仕切り(ボード・パーテーション・カーテン・シート)の設置事業
② 非接触型自動水栓(蛇口)の設置または改修事業
③ 換気扇の設置または改修事業
④ 店内の換気のために必要な網戸の設置または改修事業
※対象としないもの
仕切りを自作した際の材料代、空気清浄機、サーキュレーター、シーリングファン、体温計、マスクや消毒液等の消耗品、消毒液噴霧器、店内の消毒費用等

(2)集客を伴わない販売方法
①インターネットによる注文等に係るシステム構築事業
②テイクアウト用の会計カウンターの造作事業
③テイクアウト及び宅配サービスの広報事業
④宅配に使用する車両の改修事業
※対象としないもの
消耗品(お弁当容器等)、備品(椅子・テーブル等)、厨房機器(調理器具等)、パソコンや車両の購入費、チラシを自作した際の費用等

【補助事業実施期間】
2020年4月7日(火)(政府の緊急事態宣言発令日)から2020年10月16日(金)まで
受付期間

2020年8月31日〜2020年10月16日

備考

※申請書等の様式は、募集期間開始にあわせて掲載します。

※2020年10月16日(金)までに事業の実施、事業費の支払い、市への申請のすべてを行う必要があるため、募集期間開始前であっても事業を開始していただいて構いません。

※山形市新型コロナウイルス感染症対策店舗整備支援補助金または山形市新型コロナウイルス感染症感染防止対策店舗支援補助金を申請した事業者の方につきましては、個別に相談させていただきます。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  補助対象事業に係る請求書および領収書の写し 必須
  •  補助対象事業を実施したことを証明できるもの(実施前後の写真) 必須
  •  通帳の写し 必須

    振込口座の内容(金融機関・支店名・口座番号・口座名称(カタカナ))が印字されている部分

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  交付申請書(様式第1号) 必須
  •  山形市新・生活様式対応支援精算額調書(様式第2号) 必須
  •  申立書(様式第3号) 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒990-0031 
山形市十日町3-9-36
山形市新・生活様式対応支援補助金事務局

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 山形市 の 事業者 が活用できる補助金 > 新・生活様式対応支援補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)