ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

愛知県 の 事業者 が活用できる助成金を紹介

トップ > 愛知県 の 事業者 が活用できる助成金 > 【受付終了】新型コロナウイルス感染症緊急対応事業の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年7月4日 )
利用 できる 支援
助成金 愛知県  

【受付終了】新型コロナウイルス感染症緊急対応事業

申請の難しさ
☆☆☆
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症感染拡大防止を図りながら地域商業活動を維持するため、商店街等団体が実施するテイクアウト、デリバリーなどの独自事業への助成を行います。
内容に応じて、20万〜180万円を助成。

 新型コロナウイルス感染症緊急対応事業の概要

支給内容
単一団体が実施:上限90万円
複数団体が連携して実施:上限180万円
助成対象経費の下限額:20万円
エリア 管轄
愛知県 愛知県
対象
・商店街振興組合、発展会
・事業協同組合、商工組合(商業組合)、協業組合
・商工会、各種準拠法に基づく法人、まちづくり会社
・若手及び女性経営者団体
・商店街組織又は事業協同組合等の組合を含む連合組織

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
助成対象経費

初期費用(例:宅配代行サービス登録費用、宅配業務等の委託料、感染症拡大防止を図るためのマスク、消毒液等の共同購入 等)
運営費用(例:宅配バイク等のリース料・借上料、広告宣伝費 等)
受付期間

2020年5月11日〜2020年6月25日

新型コロナウイルス感染症緊急対応事業については、商業振興事業費助成金の通常分より優先して速やかに交付決定を行います。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  定款、規約または会則(既に通常分で提出している場合は省略可能) 必須
  •  事業の実施を議決した総会または理事会の議事録の写し 必須

    事業計画案 と予算案

  •  会員名簿 必須

    会員数51者以上の団体については不要

  •  事前着手届 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

団体の所在地または団体を所管する経済産業局各部各課室(商業流通課、中小企業金融課、産業振興課)、東三河総局、県民事務所、新城設楽振興事務所

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 愛知県 の 事業者 が活用できる助成金 > 【受付終了】新型コロナウイルス感染症緊急対応事業の利用の仕方(新型コロナ対応)