ザ・ピンチヒッター
ザ・ピンチヒッター

あなたのエリアの対新型コロナウイルス支援制度がわかる、見つかる!

小規模企業の経営ピンチを救う総合情報サイト

川崎市 の 商店街 が活用できる助成金(補助金)を紹介

トップ > 川崎市 の 商店街 が活用できる助成金(補助金) > 川崎市商店街等緊急支援事業補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)
(最終更新日: 2020年6月16日 )
利用 できる 支援
助成金 川崎市  

川崎市商店街等緊急支援事業補助金

申請の難しさ
 要約すると…
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、地域を支える事業や新しい事業に取り組む市内商店街に対する補助金。
上限20万円を補助。

 川崎市商店街等緊急支援事業補助金の概要

支給内容
補助率:補助対象経費の3/4以内
補助金限度額:20万円
連携する団体がある場合は、加算あり。最大で40万円まで。
エリア 管轄
神奈川県川崎市 川崎市
対象
市内に所在する次のいずれかの商店街等とします。

[1]
商店街の事業協同組合

[2]
商店街振興組合

[3]
任意の商店街団体(規約等で代表者の定めがあるもの)

[4]
一般社団法人川崎市商店街連合会(市商連)及び各地区商店街連合会(地区商連)

[5]
市内中小企業者3者以上で活動する商業者等のグループ(1年以上活動実績があり、規約等で代表者の定めのあるもの)

 ご自身が該当するどうかは、必ず公式HPをご確認ください。

該当条件
【補助対象事業】

商店街内の店舗やサービスをPRし、集客の増加や売上の向上を図る事業や、新しい生活様式に対応するため
の事業
(例)
・ホームページやSNSを利用した情報発信
・チラシ・ポスターの作製や配布
・商店街テイクアウトマップやPRムービーの制作
・地元情報誌等への広告掲載 など
受付期間

2020年6月12日〜2020年11月30日

備考

※予算上限金額に達した時点で受付を終了します。

 申請の流れ

  • STEP 1

    事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意
  •  
  • STEP 2

    申請書類の準備
  •  
  • STEP 3

    支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

STEP 1事前準備。営業や休業の実態がわかる資料を用意

自前での用意が必要な書類
  •  団体の役員名簿 必須

STEP 2申請書類の準備

申請書類
  •  補助金交付申請書、事業計画書 必須
  •  誓約書 必須
  •  連携先商店街の承認書(連携先商店街がある場合のみ) 必須

STEP 3支給申請。STEP1と2 で用意した書類を提出する

申請先・方法
 郵送

〒210-0007
川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階
川崎市 経済労働局 商業振興課 担当
<商店街等緊急支援補助金交付申請書在中>

上記、STEPで紹介した必要書類および最新情報は↓でチェックください。

関連事例・トピックス

トップ > 川崎市 の 商店街 が活用できる助成金(補助金) > 川崎市商店街等緊急支援事業補助金の利用の仕方(新型コロナ対応)